線虫がん検査を夫婦でやってみました!

線虫がん検査を夫婦でやってみました!

線虫がん検査ってどうなの?

TVなどでも取り上げられているので、ご存じの方も多いですよね!

嗅覚が優れている線虫が、がん患者とがん患者でない人の尿の匂いをかぎ分け、その線虫の動きによってがんリスクを測るという「がんの一次スクリーニング検査

バイオベンチャー企業の「(株)HIROTSUバイオサイエンス」が開発した線虫がん検査「N-NOSE」というサービスです。

今までのがん検査より身体的・経済的負担が軽減されるこの検査を、実際に夫婦で行った結果と率直な感想をお伝えしたいと思います。

個人の感想にはなりますが、「受けてみようかな?」と迷っている方の参考になれば幸いです^^

尿1滴で全身のがんリスクを判定できる!

人間ドックなどで採血したり、レントゲン、マンモグラフィなどで放射線を浴びたり、つらいイメージのある内視鏡検査をしなくとも、検尿だけでほぼ全身のがんリスクを調べることができるというもの。

  1. 痛みがなし(針を刺されたり、胸を引っ張られたりする痛みなし)
  2. 苦痛がなし(バリウムを飲んだり、内視鏡に耐えたりする必要なし)
  3. お手軽(検査のために出向く必要なし、自分の都合で自宅で出来る)
  4. 安価(全身の15種類のがんが1万少々で検査できる)
  5. 早期発見(ステージ0.1の早期がんにも反応する)

今までのがん検査のデメリットが払拭され、メリットが非常に多く感じます。

安価でお手軽。痛みも苦痛もなく全身のがん検査が1回でできるなんて、とても画期的ながん検査ですよね!

全身のがんと記載してありますが、現段階(2021/08時点)で線虫が反応し、調べることができるがんは15種類。 

線虫が反応することがわかっているがん種

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 膵臓がん
  • 肝臓がん
  • 前立腺がん
  • 食道がん
  • 卵巣がん
  • 胆管がん
  • 胆のうがん
  • 膀胱がん
  • 腎臓がん
  • 口腔・咽頭がん

N-NOSEより引用

サイレントキラーと呼ばれる「膵臓がん」にも反応

膵臓がんは、初期には症状がなく自覚症状がないまま進行し、腹部超音波検査でも早期発見が難しいとされているので、この検査で早期の発見可能というのはとても大きなメリットですよね。

 

線虫が見分ける感度

感度は86.3% ※2019/09時点

この数字をどう捉えるか?ですよね。

9割近い確率でがんと判定できる。しかも、ステージ0や1の早期がんにも反応する。

この早期がんにも反応するというのは、とても魅力です!

がんの早期発見を後押しする狙いと考えれば、充分な感度なのかな?と個人的には思います。

尿1滴で調べられる線虫がん検査の金額

12,500円(税込)

自分の都合の良い時に、痛みや苦痛も伴わずに自宅で実施できる全身のがん検査でこの価格。

旦那と私は別々のタイミングでこの線虫がん検査を知ったのですが、二人とも迷わず「やろう!」と即決。

そして、すぐに申込みをしました!

線虫がん検査の流れ 申し込みからキット提出まで

結論からお伝えすると、申込みから検査キット提出までの流れで面倒なことや不明なことは、何もありませんでした。

自分の都合に合わせて、検査の予約をサイト上で行い、届いたキットの説明書通りに検尿し、提出するだけ!でした。

下記に流れをご紹介します。

1.検査キッドを購入する

N-NOSEのサイトから申し込みをする

2.検査キッドが届く

線虫がん検査キット

数日後、ネコポスでキットが届きました。

中身はこんな感じです。

線虫がん検査キット

3.検査の予約をする

キットの中に入っている検体提出手順書の流れに沿って提出方法の選択と予約をする。

その際、手順書の右上に記載してあるログインIDとパスワードが必要になります。

提出方法は、自宅に取りに来てもらう方法(別途集荷料金かかります)と直接指定場所にもっていく方法の2つあります。

私は所用で新宿に行く予定があったのと、二人分の集荷料金となると結構かかるな・・・( ;∀;)と思い、直接新宿のN-NOSEステーションに提出する方法にしました。

※参考までに集荷料金

追加集荷料金:2,200円(税込)
北海道・沖縄:2,750円(税込)

全国47都道府県でサービス開始!

全国の提出できるN-NOSEステーション

東京 新宿 福岡 大阪

全国の提出できるN-NOSEステーションサテライト

仙台 東京駅八重洲口 金沢 名古屋 京都 広島

4.採尿

線虫がん検査 採尿キット

直接、N-NOSEステーションにもっていくので、当日出発する直前に採尿しました。

※保冷状態で提出する必要があるので、付属されている保冷剤は24時間以上前に冷凍庫で冷やしておくことを忘れずに!

5.N-NOSEステーションへ持っていく

真夏ということもあり、しっかりと保冷剤で巻いた尿をケースに入れて、鮮度?が落ちないように更に自前の保冷バックに入れて持っていきました。

新宿ステーションは、小田急ハルクの並びで駅からすぐの場所にありました。※あまりの暑さで写真撮り忘れました(^^;

ガラス張りの清潔な店内には女性スタッフの方がおひとりだけいらっしゃいました。

予約名を伝えケースを提出。

スタッフの方が中身を確認してくれた後、「6週間程度で結果が郵送されます」と案内いただき、こちらが行う作業はすべて終了。

6週間後に結果が届くのを待つのみです。

結果が届き次第、お伝えます!

「N-NOSE」線虫がん検査の結果が届いた・・・!
「N-NOSE」線虫がん検査の結果が届いた・・・!
目次 1. 線虫がん検査の結果が郵送で到 […]